自然教育園 甲虫目

ゾウムシ科~ツツゾウムシ

ツツゾウムシ

  • 甲虫目ゾウムシ科ツツゾウムシ亜科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 大きさ 6~12mm
  • 出現期 4~9月
  • 幼虫の食べ物 ブナ科のクヌギ、コナラの枯れ木や倒木
  • 完全変態
ツツゾウムシ

7月4日・自然教育園

 

体色は黒色、淡褐色の微毛と、黄褐色の粉に覆われていますが、脱落しやすくなっています。翅は黒褐色に黄褐色の斑紋があります。太い吻から出た触角は途中で曲がっています。第1から第7中間節まであり先端は球稈です。

ツツゾウムシ

よく似たコゲチャツツゾウムシとの比較

ツツゾウムシの第1中間節と、第2中間節が同長 コゲチャツツゾウムシは第1中間節が第中間節の1.5倍
ツツゾウムシの中後脚の脛節先端の刺毛列は曲がり コゲチャツツゾウムシは直線的

ツツゾウムシ

7月2日・自然教育園

こんな色の個体も

関連記事

ヒロズクサビウンカ
マルウンカ科~ヒロズクサビウンカ

ヒロズクサビウンカ カメムシ目マルウンカ科クサビウンカ亜科 中国原産 帰化種 大きさ 4~5mm 食草 広食性 バラ科、モクセイ科など 不完全変態 幼虫 幼虫・6月1日・自然教育園   大き ...

続きを見る

-自然教育園, 甲虫目

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.