自然教育園 生き物

ハネカクシ科~アカバトガリオオズハネカクシ

葉の上で翅のない変な奴を見つけて・・ハネカクシの名が浮かびました。

アカバトガリオオズハネカクシ

アカバトガリオオズハネカクシ

9月3日・自然教育園

  • 甲虫目ハネカクシ科ハネカクシ亜科
  • ハネカクシの仲間は、1500種以上、甲虫の中で一番多い
  • 分布 北海道、本州、粟島、佐渡島、隠岐、屋久島、四国、九州、五島列島、種子島
  • 大きさ 16~20mm
  • 出現期 4~10月
  • 食べ物 成虫、幼虫とも 死骸や糞
  • 完全変態
  • 旧和名 アカバハネカクシ

アカバトガリオオズハネカクシ

頭部、前胸部は暗銅色でザラザラしています。触角は黒色で11節。腹部は露出し、黒色、各節の中央部に白い毛があります。翅は短く、小さく畳まれてしまわれています。でも、飛ぶこともできます。どんなふうに飛ぶのでしょうか。腹部を振り上げて威嚇のポーズをとるそうです。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.