自然教育園 生き物

シャクガ科~ウスキクロテンヒメシャク

足元の草むらから白っぽい蛾が飛び出して横切っていきました。追いかけると、隠れるように下の方の葉の上に翅を広げて止まっていました。

ウスキクロテンヒメシャク

  • チョウ目シャクガ科ヒメシャク亜科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 開帳 20~26mm
  • 出現期 5~9月 年2化
  • 幼虫の食草 広食性 カタバミ、ムラサキケマン、ツルウメモドキ、マルバスミレ、ホウチャクソウなどの葉
  • 完全変態
ウスキクロテンヒメシャク

9月3日・自然教育園

 

淡黄色に明瞭な黄褐色の横線が入り、前翅と後翅にそれぞれ1対の小さな黒点が入ります。前翅の中横線と外横線は前縁の近くで内側に曲がっています。外縁には黒点列が入ります。マエキヒメシャクと似ますが、後翅の先端が尖らず、2対の黒点が明瞭です。

関連記事

マエキヒメシャクは

シャクガ科~マエキヒメシャク

マエキヒメシャク 8月5日・自然教育園 チョウ目シャクガ科ヒメシャク亜科 分布 本州、四国、九州 開帳 20~30mm 出現期 4~9月 年2化 幼虫の食草 スイカズラ科、ヤナギ科、バラ科などの葉 完 ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.