自然教育園 生き物

クロヒラタアブとオオヒメヒラタアブ 

暖かい日中には、ホソヒラタアブの他にも、ホバリングしているハナアブ科ホソヒラタアブ亜科のアブたちに出会えます。

クロヒラタアブ

ハエ目 ハナアブ科 ヒラタアブ亜科
分布 本州から九州の平地や林縁
出現 4~11月
体長 8~13mm
幼虫の食べ物 アブラムシ
成虫の食べ物 花の蜜

クロヒラタアブ

黒色の胴に三本のクリーム色の帯が特徴です。小楯板は白濁色、複眼はホソヒラタアブより黒に近い色です。脚は茶褐色、羽は透明です。頭でっかちの平たい体、雄は殆ど見分けがつかないよく似た種ににニッポンクロヒラタアブがいるそうですが、本州ではほとんど見ないそうです。

ハツユキソウに来たクロヒラタアブ

見事なホバリングを見せて、花の蜜を吸いにやってくる成虫は、蜂の真似をした縞々で、つやつやしたスリムなボディー、見飽きない綺麗な姿です。ハツユキソウにやってきました。

クロヒラタアブ

アメリカンブルーの花の蜜を吸いに来たクロヒラタアブです。

クロヒラタアブの終齢幼虫

クロヒラタアブの終齢幼虫です。ホソヒラタアブ亜科のアブたちの幼虫は厄介なアブラムシを食べてくれる頼もしい存在です。

オオヒメヒラタアブ

ハエ目 ハナアブ科 ヒラタアブ亜科
分布 本州から九州の平地や林縁
出現 3~12月
体長 1cm
幼虫の食べ物 アブラムシ
成虫の食べ物 花の蜜

胸部の背面は光沢のある茶褐色、サイドと小楯板は黄色です。雄の小楯板には黒味が多いものと小さなものがあります。腹部は鮮やかな黄色に暗褐色の帯、そしてお尻の矢印のような顔のような模様が特徴です。南の方では腹部が黒い個体も存在するそうです。羽は透明、脚は黄色と一部が茶褐色。別名オオマメヒラタアブ。

オオヒメヒラタアブ・ジニアプロヒュージョン

ジニアプロヒュージョンにやってきたオオヒメヒラタアブです。鮮やかな紅色の花色にも負けない艶があります。

雌のオオヒメヒラタアブ

別の日にマリーゴールドで見つけました。

オオヒメヒラタアブ

↑↓ 自然教育園のアワコガネギクに来たオオヒメヒラタアブ 撮影日11月8日

オオヒメヒラタアブ

アワコガネギクの黄色い色が薄く感じてしまいます。

関連記事

ホソヒラタアブ
ホソヒラタアブとホバリング

毎日のように庭に現れるホソヒラタアブはスマートでとても綺麗なアブです。 ホソヒラタアブの特徴 体長約11mm程。ハエ亜目ハナアブ科で、沖縄以外の日本各地の人に近いところにいます。 腹部は平らで(名前の ...

続きを見る

フタホシヒラタアブ
フタホシヒラタアブとナミホシヒラタアブ

ヒラタアブはホバリングが得意で、スリムなボディ。そしてつややかな綺麗なハナアブ達です。3月、フタホシヒラタアブ(別名エゾコヒラタアブ)を見つけました。 特徴 ハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科ヒラタアブ族 ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.