ハチ目 自然教育園 生き物

ハバチ科~ヒラアシハバチの幼虫

ハンノキにはよく沢山の幼虫が群がっています。その中の一つヒラアシハバチ。池の脇の小さなハンノキは食べ尽くされそうです。

  • ハチ目ハバチ科ヒゲナガハバチ亜科
  • 分布 北海道、本州
  • 大きさ 成虫8mm 終齢幼虫20~25mm
  • 成虫出現期 8月 年1化
  • 幼虫出現期 9~10月
  • 幼虫食草 カバノキ科 ハンノキ、ヤシャブシ
  • 越冬 幼虫
ヒラアシハバチの幼虫

並んでむしゃむしゃ 5月20日・ハンノキ・自然教育園

 

黄緑色に黒い楕円形と条状の斑紋が入ります。頭部は橙色、1対の単眼があります。淡黄色の胸脚が3対、黄色い腹脚が6対と、尾脚があります。

ヒラアシハバチの幼虫

威嚇のポーズ。透明感のあって奇麗、背中の斑紋が透けて見えています。ウンチもしたのかしら。10月頃、土中に潜り、繭を作って幼虫で越冬します。

-ハチ目, 自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.