生き物

フタホシヒラタアブとナミホシヒラタアブ

ヒラタアブはホバリングが得意で、スリムなボディ。そしてつややかな綺麗なハナアブ達です。3月、フタホシヒラタアブ(別名エゾコヒラタアブ)を見つけました。

特徴

ハエ目ハナアブ科ヒラタアブ亜科ヒラタアブ族。体長は1cm程、腹部には黒地に鮮やかな黄色い太い紋があります。

フタホシヒラタアブ

ナズナに来たフタホシヒラタアブです。これは雌です。雌は複眼が離れていて中央に黒い模様があります。

他のヒラタアブより頭部が幅広く大きく頭でっかちですね。

フタホシヒラタアブ

複眼が接しているので雄です。顔面に中条があります。面白い顔です。脚の付け根と先端が黒いですが、これも個体差があります。

フタホシヒラタアブ

北海道から九州まで開けた場所に普通に生息しています。落ち葉の下で越冬した成虫は3~11月に見られます。幼虫はアブラムシの体液、成虫は花の蜜を食用にします。

ナミホシヒラタアブ

よく似ているのがナミホシヒラタアブ、その違いは

フタホシヒラタアブ ナミホシヒラアタアブ
胸部背色 黄褐色 青銅色
触角の付け根 黒い毛があり なし
小楯板の毛 黒色 明るい茶色
腹部の紋 真ん中で分断されている 3,4節は中央でつながる

とはいえ個体差がありますから、素人にはなかなか難しいものがあります。
雌の場合は特によく似ているものがあるようです。
フタホシヒラタアブのほうが紋が直線的で太いように思います。

関連記事

ホソヒラタアブ
ホソヒラタアブはホバリングが得意

毎日のように庭に現れるホソヒラタアブはスマートでとても綺麗なアブです。 ホソヒラタアブの特徴 体長約11mm程。ハエ亜目ハナアブ科で、沖縄以外の日本各地の人に近いところにいます。 頭部は殆どが複眼です ...

続きを見る

オオヒメヒラタアブ
クロヒラタアブとオオヒメヒラタアブ 

暖かい日中には、ホソヒラタアブの他にも、ホバリングしているハナアブ科ホソヒラタアブ亜科のアブたちに出会えます。 クロヒラタアブ アメリカンブルーの花の蜜を吸いに来たクロヒラタアブです。 黒色の胴に三本 ...

続きを見る

-生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.