自然教育園 生き物

ヒゲナガキバガ科~フタテンハビロキバガ

触角の長くない、ヒゲナガキバガ科の蛾です。

フタテンハビロキバガ

  • チョウ目ヒゲナガキバガ科ハビロキバガ亜科
  • 分布 本州、四国、九州
  • 開帳 21~25mm
  • 出現期 6~9月 年1化
  • 幼虫の食草 広食性 ヤナギ科、クルミ科、ブナ科、トウダイグサ科、ミズキ科などの葉
  • 旧名 フタテンヒロバキバガ
  • 旧亜科 ヒロバヒゲナガキバガ亜科
フタテンハビロキバガ

7月9日・自然教育園

 

前翅の地色は灰褐色、紫色を帯びた褐色で、前縁は淡色。前翅には2対の黒点が入ります。後方には不明瞭な外縁線らしき暗色の線が見えます。後翅はやや淡色。下唇鬚が突き出ています。

よく似たムモンハビロキバガは開帳20mmとやや小型で黒点は1対。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.