チョウ目 自然教育園 生き物

アゲハチョウ科~カラスアゲハ

池の傍のキハダの木は沢山のナミアゲハの幼虫の居場所になっていますが、その中に緑っぽい幼虫が・・

カラスアゲハ

  • チョウ目アゲハチョウ科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 前翅長 45~80mm
  • 出現期 4~9月 年2化
  • 幼虫の食草 ミカン科カラスザンショウ、イヌザンショウ、キハダ、カラタチなど
  • 成虫の食べ物 ツツジ、ウツギ、アザミ、ネムノキなどの花の蜜
  • 完全変態
  • 越冬 蛹

幼虫

カラスアゲハの幼虫

7月23日・キハダ・自然教育園

 

カラスアゲハの幼虫

7月15日・自然教育園

 

カラスアゲハの幼虫

10月6日・キハダ・自然教育園

 

カラスアゲハの終齢幼虫

10月15日・キハダ・自然教育園

よく似たミヤマカラスアゲハは歩脚に黒い線が入ります。

カラスアゲハの終齢幼虫

胸部背面は独特の模様が入り、黄色く縁どられています。カラスアゲハは眼状紋あたりまでですが、ミヤマカラスアゲハは条が太く一周します。臭角は橙黄色です。

前蛹

カラスアゲハの前蛹

10月30日・自然教育園

人工物にくっついた前蛹、何とも愛らしい姿。

カラスアゲハの蛹

10月15日・自然教育園

館内で見つけた蛹、何でこんな所に? 褐色型と緑型があります。越冬蛹には淡褐色の縁取りがあります。

成虫

カラスアゲハ

10月3日・タイアザミ・自然教育園

 

何度か目にしたカラスアゲハはすぐに飛び去ってしまいました。タイアザミに夢中なチョウはもう翅がぼろぼろでした。

-チョウ目, 自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.