クモ目 自然教育園 生き物

エビグモ科~キハダエビグモ

ちょっと地味なクモで、撮ったままになっていたのですが・・

  • クモ目エビグモ科エビグモ属
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 大きさ ♂4~6ミリ ♀5~7mm
  • 出現期 5~8月
  • 食べ物 小さな昆虫
  • 夜行性
  • 徘徊性のクモ
  • 越冬 成体 亜成体
キハダエビグモ♀

♀・7月17日・自然教育園

 

都市部から山地まで見られます。樹皮面や枝葉を歩き回って獲物を探します。体は扁平で、樹皮下で潜んで待ち構えて捉えることもあるようです。オスは黒っぽく、メスは樹皮に似た褐色、灰褐色など変異は多いようです。頭胸部は幅と長さがほぼ同長、単眼は2列8個で後側眼が一番大きくなっています。脚は第2脚が一番長く、他は同長。刺激を受けると腹部背面の下部が黒変するそうです。

-クモ目, 自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.