自然教育園 生き物

ハバチ科~セグロカブラハバチ

オレンジ色が鮮やかで小さいながらよく目立ちます。

セグロカブラハバチ

頭、中、後胸背、小楯板、各脛節の外側と跗節は黒色で ほかは橙黄色

  • 膜翅目ハバチ科
  • 分布 日本全国、東南アジア
  • 出現 4~10月
  • 大きさ 成虫6~7mm 幼虫 20mm
  • 年5~6回発生
  • 別名 ナノクロムシ
  • 越冬 土中に繭を作り前蛹体で

幼虫

卵は淡緑色、老齢幼虫は黒色のビロード状の芋虫で食草はアブラナ科の植物、ナノクロムシの名の由来です。

成虫

セグロカブラハバチ

9月2日 シロバナサクラタデにて

頭部、中、後胸背部、小楯版、各脛節の外側と脛部が黒色、その他は橙黄色です。触角は10節、翅は暗色。

セグロカブラハバチ

交尾

交尾中のセグロカブラハバチ 

6月16日、交尾中のセグロカブラハバチに出会いました。暫くすると

交尾中のセグロカブラハバチ 

向かい合って、くるくると回った後

セグロカブラハバチ 

去っていきました。

クサギとの関係

いつもたくさんのセグロカブラハバチに出会う場所があります。不思議に思っていましたが、論文を目にしてその理由が納得できました。そこは、クサギの木が数本ある場所、成虫がクサギの葉の腺毛状の毛茸(もうじょう)を摂取することで、いいことがあったからでした。交尾刺激、生殖能力の向上、忌避物質の獲得。

関連記事

シソ科~クサギ(臭木)

名前は今一つですが花は軽快で華やか、果実も鮮やかな対比で魅力的な植物です。 クサギの特徴 日本全国、朝鮮、中国に分布するシソ科クサギ属の落葉小高木です。以前はクマツヅラ科。 葉 樹高4~8m。樹皮は暗 ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.