生き物

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)

チョウ目 ハエ目 野草 雑草 生き物 植物の構造

キク科~ダンドボロギクにエゾギクトリバとミズアブ

2023/1/27  

玄関前の狭い所に、にょきっと出てきたこの草、ダンドボロギク(段戸襤褸菊)は北アメリカ原産の帰化植物です。 ダンドボロギクはキク科タケダグサ属、山地や林縁、道端などに生えます。1933年に愛知県段戸山で ...

チョウ目 自然教育園 生き物

タテハチョウ科~ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)

2023/1/27  

黒地に赤線、おまけにトゲトゲで強烈な模様の終齢幼虫を見つけました。その成虫はヒョウ柄の綺麗な蝶で都市部ではよく見かけます。 ツマグロヒョウモン タテハチョウ科ドクチョウ亜科ヒョウモンチョウ族 分布 本 ...

果樹 自然教育園 生き物 雑記

ハシブトカラスの話 

2023/1/27  

カラスが騒いでるので何かと思ったら、3羽の真ん中にはきれいに皮だけになったイチジクがありました。食べているところを見たかった。食べ頃をよく知っています。 生態 ハシブトガラスは翼開帳100cm、全身、 ...

ワルナスビ果実

甲虫目 野草 雑草 生き物 毒のある植物 植物の構造

ナス科~ワルナスビ(悪茄子)とニジュウヤホシテントウ

2023/1/27  

ナスの花とよく似ていると思ったら、ナス科だけどとても厄介なワルナスビ(悪茄子)でした。 特徴 ナス科ナス属の多年草 北アメリカ原産 帰化種 明治初期に千葉県の牧場で初めて見つかり、家畜の糞から拡散し全 ...

イヌホオズキ

自然教育園 野草 雑草 生き物 毒のある植物 植物の構造

ナス科~イヌホオズキ(犬酸漿)

2022/12/22  

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

赤ちゃんキュウリと雌花

野菜・ハーブ 生き物 つる植物 育て方

ウリ科~キュウリ~育て方 

2022/12/22  

キュウリはウリ科キュウリ属のつる性の一年草です。蛇腹のように折られた鮮やかな黄色い花はふわふわと細かい産毛に包まれています。 その根元には、しっかりトゲトゲのキュウリができています。表面に緑色の透き通 ...

果樹 生き物

グラジオラス キウイ レモンの木にアゲハの幼虫

2022/12/22  

グラジオラス 小さな剣を表すラテン語、グラディウスに由来する名をもらったグラジオラス。細身なのにこんな大輪の花を次々咲かせて、さぞ重たいことでしょう。アフリカ原産で寒さには弱いですが、やせた土地でも良 ...

スモモの果実

果樹 生き物 植物の構造 育て方

バラ科~スモモ(李)の栽培と病害虫

2022/12/22  

スモモが赤く色付いて、ふっくらとしてきました。 スモモはモモより酸味が強いということで付いた和名、品種改良前は美味しくなかったんでしょうね。英語ではアジアンプラム、ジャパンプラム。スモモとプラムとプル ...

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.