自然教育園 野草 雑草 寄生植物 植物の構造

ラン科~キンラン(金蘭)

明るい木の下に、ぽっと灯りが点ったような、鮮やかな黄色い蘭です。

キンラン

  • ラン科キンラン属の多年草
  • 分布 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国の山野の林内
  • 在来種
  • 草丈 40~80cm
  • 花期 4~6月
  • 混合栄養植物(半寄生植物)
  • 絶滅危惧種Ⅱ類

キンランの葉 

地下茎は地中に深く伸びています。葉は互生、幅2~4cm、長さ8~15cmの広披針形、質は厚く、全縁、縦に明確な脈があります。葉柄は無く基部は茎を抱きます。

キンランの葉 

キンランの花

4月8日、黄色い花が立ち上がり始めました。

キンラン

茎頂に総状花序、5~10個の花を付けます。苞は小さく1~3mm。花の色は鮮やかな黄色です。子房は下位、細長くわずかに捻じれて花柄のように見えます。

キンラン

花は鮮やかな黄色で半開します。外花被片(萼片)3枚、内花被片(花弁)3枚が左右対称に付きます。外花被片は14~17mmの菱状楕円形です。花弁は萼片より短く、唇弁は3裂、側裂片は小さく内側に巻き込み、蕊柱を抱きます。蕊柱は雄しべと雌しべが合着したもので、6~7mm、頂部に大きな楕円形の葯があります。唇弁の後方には短い距があります。

キンランの花 

中裂片は内側に5~7本の褐色の隆起線が入ります。

キンラン

果実

キンランの果実

 

果実は蒴果、円柱形で直立します。

-自然教育園, 野草 雑草, 寄生植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.