自然教育園 毒のある植物 植物の構造

マツブサ科~シキミ(樒)

関西ではお墓や仏壇の供花として身近でしたが、花や実を目にすることはありませんでした。少し捻じれた淡黄白色の花は、思いの外、華やかでした。

シキミ

シキミ

  • マツブサ科シキミ属の常緑小高木
  • 分布 東北南部以西の本州、四国、九州、沖縄 朝鮮、台湾
  • 樹高 2~5m
  • 花期 3~4月
  • 果期 9~10月
  • 有毒 毒物及び劇物取締法で劇物に
  • 毒成分 神経毒のアニサチン、ネオアニサチン
  • 症状 嘔吐、腹痛、下痢、痙攣、意識障害 死に至ることもある
  • 別名 シキビ ハナノキ ハカバナ ブツゼンソウ コウノキ コウシバ コウノハナ マッコウ

シキミの葉

幹は暗灰褐色で縦に浅い割れ目があります。葉は互生、枝の上部にまとまって付きます。長さ5~15cmの楕円形から広披針形、先端は尖り基部はくさび型で全縁。厚みがあり革質、無毛、表面は濃緑色で光沢があり、裏面は緑色で油点があります。樹皮や葉は線香や抹香の原料で香気があります。

シキミの蕾

蕾です。

シキミの花

葉腋に花径2~3cmの淡黄白色の花を数輪、集まって付きます。

シキミの花

花被片は10~20枚、螺旋状に付きます。萼片と花弁ははっきりと区別できませんが、外側は短く幅が広く、内側は花弁状の線状披針形で僅かにねじれます。緑色の8個の花柱と、黄色の葯を持つ多数の雄しべがあります。

シキミの花

果実

シキミ

変な形に

シキミの果実

8個の袋果が側面で合着し、放射状に並んだ2~3cmの集合果です。熟すと種子が弾けます。種子は光沢がある黄褐色で、長さ6~8mmの楕円形です。果実は「悪しき実」が名の由来との説があるほどの、猛毒です。

シキミの果実

-自然教育園, 毒のある植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.