生き物

ドクガ科~スギドクガ

いかにもドクガ

スギドクガ

  • チョウ目ドクガ科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州、屋久島
  • 開帳 43~60mm 雌の方が大きい 春型の方が夏型より大きい
  • 出現期 5月、7~8月 年2化
  • 幼虫の食草 針葉樹の葉
  • 完全変態
  • 越冬 若齢幼虫
スキドクガ

8月25日・自宅窓

 

ドクガは毛の多い脚を前に投げ出して止まります。灰褐色から褐色、暗褐色の蛾で雌の方が白っぽく、大型です。内横線は黒褐色で太く明瞭で波打ちます。外横線はぎざぎざ。スギドクガの特徴は腎状紋の上部が弧を描き、下部が鋸状になっていることです。

スギドクガ

ドクガの名がついていても有毒でない蛾も多く、スギドクガも卵から、成虫まで毒はありません。

-生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.