自然教育園 植物 野草 雑草 ひっつき虫 植物の構造

アカネ科~ヤエムグラ(八重葎)とヨツバムグラ(四葉葎)

ヤエムグラの特徴

東アジア、ヨーロッパ、アフリカ、日本各地に分布する史前帰化植物です。養分があり適度な湿り気のあるところに普通に生えます。名前の由来は葉が重なるように生えることから「八重」、群がって茂ることから「葎」。アカネ科ヤエムグラ属の越年草です。

ヤエムグラ(八重葎)

タンニンを含み血管の収斂作用により皮膚の炎症が緩和されるそうです。

茎 葉

ヤエムグラの偽輪生(2枚の葉と6枚の托葉)

草丈60~90cm。秋に芽生えた頃の葉は丸く先端の突起も目立たず葉の数は4枚です。春になると葉の間が伸びてぐんぐん大きくなります。次第に葉の数も増えて最終的には6~8枚になり輪生につきます。8枚の内、葉は1対だけで6枚は托葉が変化したもので「偽輪生」と呼びます。

枝先では5枚ほどと少なくなります。葉の長さは10~30mm、幅2~5mmの倒披針形で先に刺状の突起が下向きにあります。葉の縁と葉裏に逆向きの刺があります。

ヤエムグラ(八重葎)、葉の刺でもたれかかって

茎は柔らかく4稜形、稜の上には下向きの刺があります。茎は自立できず、この刺で他の植物に引っ掛かりもたれ掛かって伸びていきます。

ヤエムグラ(八重葎)の黄緑色の小さな花

花期5~6月。葉腋から花序を出して黄緑色の2mmの小さな花を付けます。花冠は4裂し4本の雄しべがあります。葯は茶褐色、裂けると黄色になります。花柱は短く先が2裂していて白色。花冠の下に2個の球形の子房があります。

果実

ヤエムグラ(八重葎)の果実、ひっつき虫

果実は2分果で2mmの大きさ、熟すと黒色になります。かぎ状の突起があり衣服や動物に付いて運ばれます。夏には枯れます。

ヨツバムグラの特徴

北海道から九州に分布します。アカネ科ヤエムグラ属の多年草です。小さくて気を付けないと見逃してしまいます。

ヨツバムグラ

草丈20~40cm。茎は4稜形、葉は4枚、内2枚は托葉が変化したもので偽輪生します。葉は幅3~6mm、長さ5~15mm、長楕円形から卵形で先端が短くとがります。縁や裏側に白毛があります。花期は5~6月。茎頂や葉腋に短い花柄を出し淡黄緑色の小さな花を数個付けます。花径1mmで花冠は4裂しています。

ヨツバムグラ

果実は1mmの分果が対になって付きます。小さな突起があります。

-自然教育園, 植物, 野草 雑草, ひっつき虫, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.