生き物

アカヒメヘリカメムシ

ちょっとお腹の出た小さなカメムシです。北海道から九州まで、平地や山地の草むらに普通に見られます。カメムシ目ヘリカメムシ上科ヒメヘリカメムシ科です。

アカヒメヘリカメムシの特徴

光沢のある茶褐色で体中に毛が生え、触角は4節のアカヒメヘリカメムシ

大きさは6~8mmで、成虫は4月から11月頃まで見られます。光沢のある茶褐色で体中に毛が生えています。触角は4節。翅が長く、黒い点が並び、透明な翅がきれいに透けて見えます。腹部が幅広く縁がはみ出して見えます。

黒い点が並び、透明な翅のアカヒメヘリカメムシ

触角を振り回してひょうきんな格好です。

腹部が幅広く縁がはみ出して見えるアカヒメヘリカメムシ

アカヒメヘリカメムシの一生

卵→幼虫→成虫と不完全変態です。幼虫の腹部はきれいな浅い緑色です。羽化したばかりの時は翅が半透明で色も浅い色です。食性は幼虫、成虫ともイネ科、タデ科、キク科で、吸汁します。農家にとっては害虫です。

関連記事

ホソヘリカメムシ
ホソヘリカメムシ科~ホソヘリカメムシ(細縁亀虫)の戦略

スマートだけど後脚は不釣り合いに太く蟹股、幼虫はアリに似ています。 ホソヘリカメムシ カメムシ目.ホソヘリカメムシ科 分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄 大きさ 14~17mm 出現 4月~10月 ...

続きを見る

 

-生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.