自然教育園 生き物

シャクガ科~ハスオビエダシャク(斜帯枝尺蛾)

春の蛾です。

ハスオビエダシャク

  • チョウ目シャクガ科
  • 分布 本州、四国、九州、対馬、屋久島
  • 大きさ 開帳40~48mm
  • 出現期 4~5月
  • 食性 幼虫ー広葉樹の葉など広食性 成虫ー花の蜜
  • 完全変態
  • 越冬 蛹
ハスオビエダシャクの♀

♀・4月13日・自然教育園

 

前翅は淡褐色に中央付近から翅頂にかけて暗褐色の帯が入ります。帯は目立たない点状、はっきりとした点状、はっきりとした帯状、広く暗化するものなど変異が多い。雌の翅は細長く翅頂が尖ります。雄の触覚は櫛状、雌は糸状。脚は白色。

ハスオビエダシャク

幼虫は複雑な斑紋が入り、頭部は黒色腹部末端背面には1対の赤い棘があります。終齢幼虫は60mmほど。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.