自然教育園 植物の構造

アヤメ科.~ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)

鮮やかな緋色の花です。

ヒメヒオウギズイセン

  • アヤメ科ヒオウギズイセン属(クロコスミア属)の多年草
  • 南アフリカ原産
  • ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種
  • 草丈 50~100cm
  • 花期 6~8月
  • 流通名 モントブレチア
  • 属名クロコスミアは ギリシャ語でサフランの香りの意

ヒメヒオウギズイセン 

檜材で作った扇(檜扇)の様だと名前の由来となった葉、6~8枚の葉が根生し、幅8~20mm、長さ30~80cmの剣状で太い中央脈があります。

ヒメヒオウギズイセンの花

6月9日・自宅庭

 

長い花茎の上部で3~5本に分岐して、穂状に2列性に橙赤色の花を沢山付け、下から咲き上がります。

ヒメヒオウギズイセン 

花径は3cmほど、内花被片3枚,と内花被片よりわずかに小さな外花被片3枚が合着し、筒状になって平開します。

ヒメヒオウギズイセン

花被片の中央部は黄色で暗色の斑紋が入ります。雄しべは3本、花糸は白色、葯は黄色、雌しべは長くアーチ状になり、柱頭は3裂し、さらに先端が2つに割れます。

ヒオウギズイセン

7月3日・自然教育園

 

ヒメヒオウギズイセン

果実

ヒオウギズイセンの果実

蒴果は5~10mm、球形が潰れて凸凹です。種子は光沢のある黒色ですが、ほとんど結実しません。クロコスミアベリーとしてフラワーアレンジメントに使われるそうです。面白い形ですもの。

ヒメヒオウギズイセンの果実

クロウリハムシが来ていた

 

南アフリカ原産ですが、耐寒性、耐陰性もあって、乾燥地帯でも湿地でも荒地でも環境を選ばず、繁殖力もあり、球根を植えて置けば、放置してもよく増えます。佐賀県では栽培が禁止されているとか。

-自然教育園, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.