自然教育園 生き物

タテハチョウ科~ヒメジャノメ

地味な地色に目玉模様と白い帯が目立つ、ひらひらと静かに飛ぶ蝶です。

ヒメジャノメ

ヒメジャノメ

9月27日・自然教育園

  • タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州の草地や林縁
  • 開帳 40~50mm
  • 出現期 5~10月 年2~3化
  • 幼虫の食草 イネ科
  • 成虫の食べ物 樹液、腐った果実、獣糞
  • 完全変態
  • 越冬 幼虫
ヒメジャノメ

9月27日・コナラ・自然教育園

 

灰褐色から、淡灰褐色の地色に、大きな2個の眼状紋と小さな眼状紋が6個、直線的な白い帯が入ります。

ヒメジャノメ

9月27日・コナラ・自然教育園

 

暫く一緒にいました。このコナラの木は人気で、沢山の昆虫たちが樹液を吸いにやってきます。

ヒメジャノメ

9月22日・自然教育園

 

前翅表には裏側より大きな眼状紋が入ります。

よく似たコジャノメ
ヒメジャノメより翅の地色が濃い
白い帯がわずかに紫色を帯び、眼状紋の近くにあり、食い込むようにわずかに湾曲する
翅裏の小さな眼状紋が7個入る
翅表には前翅、後翅両方に眼状紋がある

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.