自然教育園 生き物

タテハチョウ科~ゴマダラチョウ

人為的に放たれてすっかり定着してしまったアカボシゴマダラ、そして競合するゴマダラチョウは数を減らしてしまっていると言われています。やっとそのゴマダラチョウに出会えました。シックでゆっくりと羽ばたく優雅なチョウです。

ゴマダラチョウ

ゴマダラチョウ

9月3日・自然教育園

  • チョウ目タテハチョウ科コムラサキ亜科
  • 分布 北海道南部、本州、四国、九州、対馬
  • 開帳 60~80mm
  • 出現期 5~9月 年1~3化
  • 幼虫の食草 ニレ科エノキなど
  • 成虫の食べ物 コナラやクヌギなどの樹液、腐った果物。獣糞
  • 完全変態
  • 越冬 4齢幼虫

ゴマダラチョウ

黒色から黒褐色の地色に白い斑紋がたくさん入ります。雌がやや大型、春型は夏型より大型、雌雄や季節によって斑紋に差があります。

ゴマダラチョウ

翅裏の地色は表よりやや茶褐色、白い斑紋が入ります。複眼は橙色、口吻は鮮やかな黄色。

関連記事

アカボシゴマダラは

タテハチョウ科~アカボシゴマダラ

小枝にぶら下がって、羽化したての真っ新の翅を乾かしている、アカボシゴマダラに出会うことが出来ました。 アカボシゴマダラ チョウ目タテハチョウ科 分布 本州(関東地方)、奄美大島、中国、朝鮮半島、台湾、 ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.