自然教育園 植物 野草 雑草 水生植物 植物の構造

オトギリソウ科~ミズオトギリ(水弟切)

花に出会うと少しうれしくなるピンク色の花です。また、若い果実が鮮やかな赤色で花より華やかです。

ミズオトギリの特徴

ミズオトギリ

北海道から九州、朝鮮半島、中国に分布するオトギリソウ科ミズオトギリ属の在来種の多年草で、池や沼、湿原に生育する抽水~湿地植物です。

ミズオトギリ

草丈30~60cm。根茎は泥中を横走し紅色を帯びています。茎は中空で円柱状、分岐せず直立し、基部は紅色を帯びます。葉は厚みがあり対生、葉柄は無く基部は丸みがあり茎を抱くこともあります。上部の葉の方が大きく、幅1~3cm、長さ3~7cmの長楕円形で鈍頭、全縁です。葉表は黄緑色、葉裏は白緑色、網静脈が目立ち、明るい油点が散在します。秋には紅葉します。冬は地上部が枯れます。

ミズオトギリの花

花期は7~9月。花は晴れた日の2~3時頃に開花して夜には閉じる一日花です。茎頂や葉腋に短い花柄を出して1cmほどのピンク色の花を数個付けます。萼は長楕円形で5枚、花弁は倒卵形で5枚、ピンク色に淡紅色の条が入っています。雄しべは3本ずつ3束の9本、葯は黄色、花糸はピンク色で3本が下部で合着しています。雌しべは3本、花柱は黄緑色、柱頭は白色で固まっています。子房は3室。

ミズオトギリ

アリだらけ。

果実

ミズオトギリ

8~10mmの長卵形の蒴果です。若い果実は濃紅色で花より目立ちます。縦に線条があり先端に花柱が残っています。

ミズオトギリの果実

10~11月には熟して褐色になり先端が3裂します。

ミズオトギリの種子

種子が残っています。種子は多数、楕円形でで長さ1mmほど、黒褐色で表面には網目模様が隆起しています。

-自然教育園, 植物, 野草 雑草, 水生植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.