植物 野草 雑草 植物の構造

アオイ科~フユアオイ(冬葵)

道端で見つけた小さなピンク色の花は掌状の大きな葉に埋もれるように咲いています。

フユアオイの特徴

フユアオイ

東アジア原産のアオイ科ゼニアオイ属の2年草、多年草で古来に食用、薬用として渡来した帰化植物です。本州以西に分布し、野生化しています。

フユアオイ

草丈60~100cm。茎は円柱形で直立し軟毛があります。葉は互生、長い葉柄があり5~11cmの掌状、浅く5~7裂し鈍い鋸歯があります。両面に疎らに毛があります。

フユアオイ

フユアオイ

花期は4~10月。葉腋に短い花柄の先に白色もしくは淡紅色の花が10個ほど束生します。上の花は白地に淡紅色の縁取りが入ります。花径1~2cm、花弁は5枚、倒心形で先は少し窪みます。雄しべは10本、花糸は白色で基部が合着し雌しべを囲みます。花柱は白色、多数に分岐します。萼は杯状で深く5裂、3角形で先が尖ります。

果実

フユアオイ

花後萼は大きくなって果実を包みます。

フユアオイ

果実は1cmほど、扁平な10~12個の分果が輪状に並びます。皺があり側面には網目があります。

フユアオイの果実

種子は腎形で濃褐色。

 

-植物, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.