自然教育園 植物 池田山公園 野草 雑草 水生植物 毒のある植物 植物の構造

キンポウゲ科~ケキツネノボタン(毛狐の牡丹)

黄色い花はハレーションを起こすほど艶やかで輝いています。でも有毒です。

ケキツネノボタンの特徴

ケキツネノボタンの花

日本、朝鮮、中国原産の在来種でキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で水田や畔などの湿地に分布しています。

ケキツネノボタンの葉

草丈20~65cm。茎は中空で円筒形、下部には開出毛が上部には上向きや伏毛が生えます。根生葉には長い柄が、茎葉は短い柄がある3出複葉で小葉は更に3裂し不規則な鋸歯があります。両面に伏毛があります。

ケキツネノボタンの花

花期は3~7月。花径は10~15mm、花弁は強い光沢がある黄色で、基部に蜜腺があります。

ケキツネノボタンの花

萼は広卵形で5枚、背面には毛が密生し、開花時には反り返ります。雄しべは多数、花糸、葯は黄色、黄色い花粉が出ています。雌しべは多数、花柱は基部は広がり柱頭は黄色でわずかに曲がり鉤状になります。

果実

ケキツネノボタンの果実

集合果は3.5cmのほぼ球形、痩果は4~5mmで扁平で広卵形、側が平面になり縁には3両があり、先端に花柱が残ります。花床は楕円形で白毛があります。痩果はポロリと落下します。

-自然教育園, 植物, 池田山公園, 野草 雑草, 水生植物, 毒のある植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.