自然教育園 生き物

カミキリムシ科~クビアカトラカミキリ(頸赤虎天牛)

見ーつけた。なかなか個性的なデザインです。

クビアカトラカミキリ

クビアカトラカミキリ

7月14日・自然教育園

  • 甲虫目カミキリムシ科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 大きさ 9~13mm
  • 出現 6~9月
  • 食べ物 成虫は花の蜜、幼虫は広葉樹の材
  • 完全変態
  • 越冬 幼虫 広葉樹の材内
クビアカトラカミキリ

7月14日、自然教育園

 

前胸部が丸く赤いのが特徴です。上翅は黒色、淡黄色から白色の 左右反転したCとCがくっ付いたような、中央が欠けたエのような模様と後方の横帯があります。模様は白い長毛で出来ています。雌雄同形、雄の方がやや諸角が長くややスリムです。

クビアカトラカミキリ

7月14日、自然教育園

 

上翅を広げてバランスを取りながら薄く柔らかい後翅で飛びます。上翅の下に折りたたまれていますが、納まりきらずに、よくはみ出ています。

クビアカトラカミキリ

前から見るとー7月14日、自然教育園

 

色も模様もよく似たブドウトラカミキリは前胸部も上翅も少し縦長で、上翅の模様がたすき掛けのようなX形になっています。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.