クモ目 自然教育園 生き物

タナグモ科~クサグモ

山地から平地まで、公園や庭木でも見られる棚網を張るクモです。棚網は30~60cmとコクサグモより大きく、この棚網はトンネル状の住居付き、この入り口で獲物を待ち、振動を感じて出動します。危険を感じると住居部分に逃げ込み、もっと危険を感じると後ろの穴から脱出します。

クサグモ

6月2日・自然教育園

    • クモ目タナグモ科クサグモ属
    • 分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄
    • 大きさ 12~18mm
    • 出現期 6~10月
    • 食べ物 昆虫
    • 網 棚網
    • 越冬  幼体

    クサグモ

    やや細長く灰褐色、頭胸部は楕円形で中心線を開けて濃い褐色の縦条が入ります。腹部は上部が円く、先端はやや尖り、黒褐色の2本の縦筋は八の字型白紋で区切られます。

    クサグモの幼体

    幼体・5月1日・自宅

    背甲は鮮やかな赤色、腹背は黒色、細い白斑が入っています。

-クモ目, 自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.