クモ目 自然教育園 生き物

タナグモ科~コクサグモ

都市部から山地まで、棚網を張って獲物を待つ、よく見られるクモです。

コクサグモ

  • クモ目タナグモ科コクサグモ属
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 大きさ 10~12mm
  • 出現期 6~10月
  • 食べ物 昆虫
  • 網 棚網
  • 越冬 卵

15~30cmのシート状に糸を重ねた棚網を枝葉に水平に張り、トンネル状の巣へと繋がっています。この入り口付近に陣取って獲物を待ちます。奥には穴が開いています。棚網は上部に縦に不規則に糸が張られ、糸に引っ掛かって落ちた獲物を振動で感じ、入り口から出て捕獲し糸で絡めて巣に運び込みます。とても警戒心が強く、すぐ引っ込んでしまい、より危険を感じると巣の裏側から逃げ出します。よく似たクサグモの棚網は30~60cmと大きく、コクサグモより高い場所に張ります。

成体

コクサグモ

8月21日・自然教育園

 

やや細長い灰褐色のクモです。頭胸部は楕円形、中央を開けて2対の黒褐色の縦条があり、放射状の班で区切られます。腹部は前方が円く後部が尖り背面の黄茶褐色の斑紋は不明瞭で5~7対の八字型の淡褐色の斑紋が入ります。

幼体

卵で越冬したコクサグモは、3~4月に卵嚢から出て分散します。幼生は真っ赤。

コクサグモの幼体

6月8日・自然教育園

 

腹部背側後部にピンク色の斑紋があるのがコクサグモの幼体の特徴です。

コクサグモの幼体

幼体・6月24日・自然教育園

 

コクサグモの亜成体

亜成体かな?10月4日・自然教育園

-クモ目, 自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.