自然教育園 生き物

マルカメムシ科~マルカメムシ

丸くて小さなカメムシですが、臭いと有名です。

マルカメムシ

センニンソウにマルカメムシ

  • カメムシ目マルカメムシ科
  • 分布 本州、四国、九州
  • 出現 4~11月
  • 大きさ 5~5.5mm
  • 食草 クズ、フジ、ヌスビトハギ、ノイバラ、アケビ、ウツギ、マメ科の植物

マルカメムシ

暗黄褐色で光沢があり黒い点が密にあります。頭部が小さく中央に溝があり黒い2本の筋があります。触角は5節。

マルカメムシ

浅い地中で集団で成虫で越冬します。越冬後に交尾し食草で産卵します。この時腸内細菌の黒いカプセルをくっ付けます。孵化した幼虫はこのカプセルに口吻を刺して親からの腸内細菌を受け継ぎます。これを受け取ることができないと、成長異常が起き死亡率が高く、育っても白い体色のや柔らかい個体になるそうです。幼虫の期間は約2か月、7月に新成虫が出現します。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.