自然教育園 植物 野草 雑草 植物の構造

サクラソウ科~オカトラノオ(丘虎の尾)

長い花序には白い花がびっしりと付き、名のごとく立派な虎の尾です。尾っぽはみんな同じ方向を向くので群生しているとリズミカル。

オカトラノオの特徴

日本、東南アジア原産の在来種で北海道から九州の日当たりの良い草原に自生するサクラソウ科.オカトラノオ属の多年草です。

オカトラノオ

草丈60~100cm。地下茎で増え群生します。茎は直立し短毛がまばらに生え基部は赤みを帯びます。葉は互生、短い柄があり幅2~5cm長さ6~13cmの長楕円形、狭卵形で先端が尖ります。

オカトラノオ

葉には短毛が密生しています。草紅葉が見られます。

オカトラノオの花

花期は6~7月。茎頂に10~30cmの総状花序を出し1cmの白い花を密に付けます。花序は一度垂れて先端が少し上を向き、虎の尾に例えられます。

オカトラノオの花</a>

花は下から咲き上がります。葉柄と花柄の基部が赤みを帯びています。萼は5~6裂、花柄と萼には毛が密生しています。

オカトラノオの花

花弁は5~6深裂、雄しべは5~6本、花糸は白色で基部が輪状に合着し毛が密生しています。花弁と雄しべが対生の位置関係でサクラソウ科の特徴です。葯は楕円形T字に付いています。

果実

オカトラノオ

果軸は長く横に伸び、各柄は上向きになります。果実は長さ3mmの球形の蒴果、先端には花柱が残ります。熟すと5裂します。

関連記事

似た花には湿地に自生し花序が垂れない「ヌマトラノオ」や、「オカトラノオ」との交雑種の「イヌヌマトラノオ」などがあります。

サクラソウ科ヌマトラノオ(沼虎の尾)とイヌヌマトラノオ(犬沼虎の尾)

ヌマトラノオ 日本、東アジア原産の在来種で本州から九州の湿地や浅い水中に自生するサクラソウ科.オカトラノオ属.の多年草です。 葉 草丈40~70cm。地下茎を長く伸ばして増えます。茎の基部は赤みを帯び ...

続きを見る

-自然教育園, 植物, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.