自然教育園 植物 野草 雑草 植物の構造

キク科~オニタビラコ(鬼田平子)

なんておかしな名前でしょう。可愛い黄色い花なのですが。群生しているのは見たことがなく、孤独に立っている姿に出会います。

オニタビラコの特徴

オニタビラコ(鬼田平子)の花

オニタビラコ(鬼田平子)キク科オニタビラコ属,です。全国の道端や公園、どこにでもに生息します。インド、ミクロネシア、オーストラリアにも広く分布しています。

オニタビラコ(鬼田平子)

アカオニタビラコ

草丈は20~100cmになります。根生葉はロゼッタ状で、羽状に深く切れ込みが入り、幅1.5~6cm、長さ8~25cm、先端は丸みを帯びていています。茎の上部は葉が少なく小型です。全体的に柔らかく茎や葉を切ると白い液が出ます。全体的に細かい毛が密生しています。

オニタビラコはアカオニタビラコとアオオニタビラコとその雑種に分かれるそうです。
アカオニタビラコー2年草。花茎が1本で紫色を帯び下部を中心に毛が多い。ロゼッタは淡緑色に赤い部分がある。花期は4~5月。
アオオニタビラコー多年草。花茎は緑色で多数分岐して中心の花茎が太い。ロゼッタは青色を帯びた緑色で光沢がある。

オニタビラコ(鬼田平子)の花

花期は5月~10月、温暖地では1年中咲きます。高く伸びた茎の上部に総苞5mm幅7mmほどの黄色い小さな花を付けます。

オニタビラコ

舌状花は黄色で約20枚、先端が5裂しています。筒状花の花柱がくるっと丸く2裂しています。

果実

 

オニタビラコ(鬼田平子)の冠毛

開花前の総苞は円筒形ですが花後は基部が膨らみます。冠毛は3mm、冠毛には上向きの刺があります。痩果は2mm。

オニタビラコ(鬼田平子)の果実

よく似た植物

よく似た植物にコオニタビラコヤブタビラコがあります。こちらはヤブタビラコ属です。

コオニタビラコ
在来種のタビラコのことで別名ホトケノザ、秋の七草のひとつとして食べられていました。タビラコより大きいという意味で付けられ、オニタビラコはオニタビラコより小さいという意味です。面倒な名前になってしまいました。そもそも「オニ」が付くほど大きくないのですが。田んぼなどで普通に見られたそうですが、帰化植物に押されていますね。タビラコの名の由来の通りコオニタビラコは花茎が短く地面に張り付くように平たく葉を伸ばします。

ヤブタビラコ
山林に多く、双方とも花茎は斜めに伸ばし短く、根生葉は立ち上がります。花は大きめで数は少なく、花後は下を向いて膨らみ冠毛がありません。草丈20~40cm。

-自然教育園, 植物, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.