自然教育園 池田山公園 生き物

ハムシ科~ルリマルノミハムシ(瑠璃丸蚤羽虫)

庭の花には毎日のように黒光りする小さなこの虫が来ます。金属のような藍色や緑銅色など角度によって変わる黒光りした綺麗な虫です

 

ルリマルノミハムシ

  • カブトムシ亜目、ハムシ科(ハムシ類は普通11節)
  • 分布 北海道、本州、四国、九州
  • 大きさ 4mm
  • 出現 3~11月
  • 食性 幼虫ースギゴケ類の葉 成虫 花の蜜や花粉
  • 完全変態
  • 越冬 成虫
ルリマルノミハムシ

10月7日・ユウガギク・自然教育園

 

丸みのある黒色の体、藍色~銅緑色の光沢があります。触角が特徴的で9節、1から3節までは長方形、4から9節が鋸歯型です。ハムシ類は多くが11節です。後脚腿節が異常に太く逞しく、上から見ると三角形に横にはみ出しています。

ルリマルミノハムシ

11月15日・自宅

 

ちょっかいを出すとまず、ピヨーンと跳ねてから翅を広げて飛んでいってしまいました。ノミハムシの名の由来です。

ルリマルノミハムシ

10月7日・自然教育園

 

ルリマルノミハムシ

9月15日・自然教育園

 

ルリマルミノハムシ

10月29日・キヅタ・池田山公園

 

華奢なブルーサルビアの花には常に複数のルリマルノミハム、ぼろぼろになりました

10月3日・ブルーサルビア・自宅

 

華奢なブルーサルビアの花には常に複数のルリマルノミハムシがいて、夢中になって頭を突っ込んでいます。もうボロボロ。

畳んだ後ろ足は太くたくましく、驚くほどのジャンプ力があるルリマルノミハムシ

7月3日・カボチャ・自宅

生態

年1回の発生、3月~6月頃見るのは越冬成虫、7月~11月には新成虫が見られます。幼虫はスギゴケを食べ、成虫は花や蜜などを食べます。ハムシ類は通常葉を食べるのですが。花が咲く前から食べ散らかすなど、厄介な害虫として扱われています。特に追い払うこともしませんでしたが、さすがにブルーサルビアは可哀想な姿になってしまいました。

まだ見たことがありませんが、そっくりさんのコマルノミハムシは、後ろ脚以外は茶色だそうです。

-自然教育園, 池田山公園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.