自然教育園 生き物

シジミチョウ科~ツバメシジミ

尻尾のようなものをフリフリ、オレンジ色の紋の入ったシジミチョウ、お日様がよく似合います。

ツバメシジミ

ツバメシジミ♀

9月29日・ユウガギク・自然教育園

  • チョウ目シジミチョウ科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州 ユーラシアの温帯
  • 成虫の出現期 3~10月
  • 開帳 35~40mm
  • 幼虫の食草 マメ科の植物の蕾、花、新芽
  • 成虫の食性 花の蜜
  • 完全変態
  • 越冬 幼虫

成虫

ツバメシジミ

9月2日・自然教育園

 

翅の裏面は灰色を帯びた白色に黒い点が散在します。後翅の裏面にはオレンジ色の紋が入ります。後翅には尾状突起があり、これが「ツバメ」の名の由来です。

ツバメシジミ春型♂

♂・春型7月12日・自然教育園

 

雄の翅表は、青紫色。春型の翅表の基部付近には青く輝く部分があります。外縁には細い黒帯が入ります。

ツバメシジミ ♂

 ♂・夏型 9月22日・自然教育園

 

夏型は外縁の黒い帯が太くなります。

ツバメシジミ♀

♀・夏型 ・8月22日・自然教育園

 

雌の翅表は黒褐色。春型には基部付近に青鱗粉が見られ、夏型はほぼ黒褐色で橙色がうっすらと見られます。

ツバメシジミ♀

♀・夏型・9月12日・シロバナサクラタデ・自然教育園

 

止まっているときに翅をこすり合わせるような動きをして、尾状突起を揺らします。頭から襲うクモなどに対して、触角の振りをして、生存確率をあげる戦略です。

ツバメシジミ♀

♀・夏型・9月12日・シロバナサクラタデ・自然教育園

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.