自然教育園 生き物

ワカバグモ(若葉蜘蛛)

若葉の頃に見られる透明感のある薄緑色をした奇麗な蜘蛛です。

クモ目 カニグモ科
分布 北海道から九州の都市部から山地まで
出現 4~9月
成虫の食べ物 昆虫
体長 1cm前後 雌がやや大きい
不完全変態 幼体で越冬

ワカバグモ♂

広葉樹や低木の葉上で見られるワカバグモ、第1脚と第2脚は長く、黒い毛が生えていて、目一杯広げて獲物を待ちます。歩脚がピンク色を帯びる個体もいます。腹部はカニグモ科の中では珍しく細く円筒形で、規則的に斑紋があり後方には黒い毛があります。背中から歩脚の基部にかけて放射状の溝があります。単眼が2列、8個、いろいろな方向に向いています。前列は強く後曲し、後列は緩やかになっています。
雄は成熟すると頭部前方、前脚の基部、腹部が赤褐色から黒褐色に変化、蝕肢も褐色になり膨らみます。

ワカバグモ

年1回発生で繁殖期は4~7月、雌は葉裏に卵嚢を作り見守ります。朽木や枯葉の間で老熟幼体の状態で越冬します。

真っ赤な球を付けたワカバグモを見ることがありますが、タカラダニの一種に寄生されて吸汁されています。

長い第1、第2脚を広げて待ち伏せする姿をカニに例えられてカニグモ科と呼ばれますがカニグモ科の腹部は↓

アズチグモの♀

アズチグモの♀

短く後方が幅が広い形をしています。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.