植物 ふれあい広場 植物の構造

バラ科~ベニシタン(紅紫檀)

中国山岳地方原産で日本には昭和初期に入ってきました。盆栽でも人気の、グランドカバーやロックガーデンに使われます。ベニシタンには矮性や不入りなど園芸品種が多く楽しめます。シロシタンは花が白く、艶はありませんがベニシタンより大きな赤い実を付けます。

ベニシタンの特徴

ベニシタン(紅紫檀)グランドカバーやロックガーデンに重宝されます

ベニシタン(紅紫檀)はバラ科シャリントウ属(コトネアスター属)の常緑低木。(寒地では落葉樹)

ベニシタン(紅紫檀)綺麗に並んだ葉

枝は立ち上がらずに水平に伸びていきます。葉は長さ5~15mmの広卵形で互生に2列にきれいに並びます。厚く光沢があり全縁、葉の裏には毛が散生します。

花弁は5枚、花色は赤、縁はフリルのベニシタン(紅紫檀)の花、これで全開

花は直径6mmほど、枝の基部に並ぶように付きます。開花期は5~6月。花弁は5枚、花色は赤、縁はフリルのようになっています。花弁は平開せず、虫が出入りできるほどしか開きません。雌しべ1本、雄しべ10本以上、花糸は赤色、葯は黄色。上の写真の左の花はこれで全開です。右の花は花弁が3枚落ちて中が見えています。

果実

これから萼が閉じる花と、完全に閉じて果実になったベニシタン(紅紫檀)

これから萼が閉じる花と、完全に閉じて果実になったものです。萼は5枚、毛がたくさん生えています。実付きがよく花の数だけに果実になります。果実が赤く色づきました。直径5mmほどの球形。種子は長さ4mm、淡褐色で2~3個入っています。

ベニシタン(紅紫檀)の果実、赤と緑が映えます

実生でも挿し木でも簡単に増やせます。

-植物, ふれあい広場, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.