自然教育園 生き物

ダンダラテントウ(段斑瓢虫) 

幼虫と成虫では食性が違うものが多いですが、テントウムシは徹底して、厄介なアブラムシを食べてくれるいい子です。テントウムシは種類によってアブラムシの種類が異なり住み分けしています。

特徴

ダンダラテントウ(段斑瓢虫)は本州以南の比較的暖かいところを好みます。体長4~7mm、黒地に赤、黄褐色の段模様があります。名前の由来です。北方の殆ど黒一色に見えるものから南方の赤の面積が多いものまで、個体差がとても多いテントウムシです。2紋型、4紋型、6紋型があります。

ダンダラテントウ

アスクレピアス(唐綿)に沢山のダンダラテントウがいました。

肩に赤い班のあるダンダラテントウ

上2枚の写真の個体はほとんど真っ黒。肩の部分だけに赤い筋が残っています。この部分に紋が残るのはダンダラテントウの特徴です。上翅の周縁が反り返っています。

羽化したダンダラテントウ2紋型

こちらは2紋型です。同じ菊の葉っぱの付け根の所でしばらくお休みです。

羽化したダンダラテントウ

6紋型です。抜け殻の側に一日程じっとしていました。ピカピカ黒光りしてきれい。

生態

卵→幼虫→蛹→成虫と完全変態です。4~11月に見られます。

ダンダラテントウの幼虫

9月中旬、庭の菊の葉にいた背中にトゲトゲのある幼虫です。

ダンダラテントウの蛹

菊の葉っぱが巻かれていたので剝がしてみたら、蛹がいました。テントウムシは一度に20個ほど卵を産むそうですからもっとたくさんいそうです。

ダンダラテントウの蛹

数日後にはしっかりしてきました。合計10個見つけました。

ダンダラテントウとナミテントウの違い

ナミテントウもダンダラテントウもありふれた普通のテントウムシでよく似ています。
その違いは

ナミテントウより小型
ナミテントウの触角は長く、前頭幅の1.5倍、先端が幅広ですが、ダンダラテントウは前頭幅と同じか短く先端が尖っています。
ダンダラテントウは縁が出っ張っています。
ナミテントウは北に行くほど赤型が多く、ダンダラテントウは黒型が多い
残る紋の場所はナミテントウの紋は中央部分寄りでダンダラテントウは肩口。

関連記事

可愛いテントウムシとテントウムシのふりをしている奴の話です。

ヒメカメノコテントウ(姫亀甲天道) 

小さなテントウムシ、2種類のヒメカメノコテントウを見つけました。 ヒメカメノコテントウの特徴 薄黄色の地に黒色の斑紋がある4mmほどの小さなテントウムシです。ヒメカメノコテントウの特徴は頭部の触角の付 ...

続きを見る

ナミテントウ2紋型(黒地赤2紋)
ナミテントウ(並天道)~斑紋の色々

小さくてピカピカした単に「テントウムシ」と呼ばれるのが「ナミテントウ」です。 ナミテントウ カブトムシ亜目テントウムシ科、アジアに広く分布しています。体長5~8mm。このテントウムシはいろいろな模様を ...

続きを見る

テントウムシダマシ~ニジュウヤホシテントウとオオニジュウヤホシテントウ

テントウムシダマシとは? テントウムシ科マダラテントウムシ亜科。テントウムシの体液にはアルカロイドが含まれているので鳥が嫌います。ちゃっかり「テントウムシ」のふりをしているので「テントウムシダマシ」な ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.