自然教育園 生き物

セセリチョウ科~イチモンジセセリとチャバネセセリ

地味な翅をもつ蝶ですがイチモンジセセリもチャバネセセリも大きな真っ黒な眼がとてもかわいい蝶です。

イチモンジセセリ

  • チョウ目セセリチョウ科
  • 分布 日本全土、ヒマラヤ、インドネシア、中国大陸、台湾、朝鮮半島
  • 大きさ 前翅長 15~21mm
  • 出現 5~10月
  • 食性 幼虫ーイネ科、カヤツリグサ科 成虫ーアザミ、ハギ、キク科などで吸蜜
  • 越冬 幼虫または蛹

イチモンジセセリ

9月初めにレモンの葉っぱに止まっていました。頭に花粉のようなものが見えます。しばらくじっとしていました。後翅裏に一列に角張った銀紋があります。斑紋は前縁に向かって小さくなり外縁のラインに対して角度があります。

イチモンジセセリ

9月19日・自然教育園

 

前翅裏の白い3つの斑紋はほぼ一列に並びます。

イチモンジセセリの吸蜜

長い口吻 9月17日・自然教育園

 

イチモンジセセリ

9月29日・自然教育園

 

花たちと

イチモンジセセリ

8月31日・キツネノマゴ・自然教育園

 

イチモンジセセリ

9月22日・タイアザミ・自然教育園

 

10月8日・イヌヌマトラノオ・自然教育園

 

イチモンジセセリ

10月8日・ランタナ

生態

イチモンジセセリは、イネツキムシとも呼ばれます。

畳まれたメヒシバの葉の中のイチモンジセセリの幼虫

9月の上旬、畳まれたメヒシバの葉の中にイチモンジセセリの若齢幼虫を見つけました。約2,5cm。幼虫の食卓ははイネ科やカヤツリグサ科です。若齢幼虫は葉先を縦に巻いた中ににいますが、終齢期には、葉を数枚糸で綴って「つと」を作って昼間はその中に潜み、夜間には外に出て葉をむさぼります。85パーセントをこの時期に食べます。稲の出穂にも支障が出るなど食害は深刻なのだそうです。終齢幼虫は3週間前後でつとの中で蛹になります。年に3~4回出現、幼虫または蛹で越冬します。

イチモンジセセリ

8月18日・オヒシバ・自然教育園

チャバネセセリ

  • チョウ目セセリチョウ科
  • 分布 本州、四国、九州、沖縄
  • 大きさ 13~21mm
  • 出現 5~11月

ナリーゴールドに来た白い斑紋が丸く並んでいるチャバネセセリ

マリーゴールドの蜜を吸っているのはチャバネセセリです。イチモンジセセリと斑紋が違い白い斑紋は目立たず円形に並んでいます。

マリーゴールドに来た白い斑紋がはっきりとしないチゃバネセセリ

11月初め、あまり斑点がはっきりしないチャバネセセリに出会いました。年に3~4回で幼虫や蛹で越冬します。生態はイチモンジセセリと同様です。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.