生き物

縞々複眼と折り畳み式の長い口 ツマグロキンバエ

ツマグロとつく名前はたくさんあります。ツマグロヒョウモン、ツマグロオオヨコバイに続いて今回はツマグロキンバエです。ハエ目クロバエ科ツマグロキンバエ亜科で本州以南に分布しています。

ジニアプロヒュージョンに来た雄のツマグロギンバエ

ジニアはもう花の色も褪せボロボロになっているのに虫たちがやって来ます。花紛を背中に付けた雄のツマグロキンバエです。

ツマグロキンバエの特徴

大きさ約5~7mm、6月から10月に見られるといいますが、冬なのにまだいます。青緑色地に6本の茶褐色の縞模様がある複眼を持っています。雄は複眼が大きくて真ん中で接しています。

アップルミントにツマグロキンバエ

アップルミントに来たツマグロキンバエの雄です。食べ物を見つけると、このように口器を長く伸ばします。

ツマグロキンバエ

頭部の先端は尖っていて、ツマグロキンバエの大きな特徴である長い口は通常はこのように折り畳まれています。

ツマグロキンバエ

横から見ると、他のハエに比べて体に厚みがあります。胸部の背面は少し青みがかった黒で短毛が密集しています。

翅の先端が黒くなっていてツマグロキンバエの名の由来です

翅はたたまれていて体長より長く無色透明です。「ツマグロ」の名の由来の通り先端が黒くなっています。

クリサンセマム・ムルチコーレにきたツマグロキンバエ

クリサンセマム・ムルチコーレにいました。

生態

卵→幼虫→蛹→成虫の完全変態です。幼虫は動物の死骸を食べますが、成虫は花粉や花の蜜を食べます。アリの巣の中で幼虫が見つかったとか、傍で産卵していたなどの話もありますが、何処でどのように暮らしているのかまだまだ謎の多い虫だそうです。

-生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.