自然教育園 生き物

ケバエ科~ハグロケバエ(翅黒毛蝿)

雄と雌は同種と思えない違いです。雌は印象的な小顔で特徴的。

ハグロケバエ

  • ハエ目ケバエ科
  • 分布 本州、四国、九州、南西諸島
  • 大きさ 11~15mm
  • 出現期 4~6月
  • 食性 成虫ー花の蜜 幼虫ー落ち葉
  • 完全変態.
  • 越冬 幼虫

生態

幼虫は落葉層で集団越冬します。茶糸い毛虫の群れは不気味がられて、地方によっては地獄虫と呼ばれるそうですが、腐植質を餌とする分解者、大切な存在です。また幼虫は糞食性を持ちます。春になると蛹になり、4~5月に成虫になりあっという間にいなくなります。雌は雄より大型。飛ぶのはあまり得意ではありません。雌はあまり動かず雄は雌を探して飛び回ります。雄が後ろ脚をだらんと垂らして飛んでる姿は面白い。

ハグロケバエ♀

頭部が小さく複眼も小さく十字架のような模様があります。胸部は丸みがあり鈍い光沢があります。翅は半透明で茶褐色を帯びます。

ハグロケバエ♂

全身黒色、頭部は殆どが複眼で絞められます。胸部背板の光沢は鈍く、胸部側には淡色の毛があります。腹部はごつごつした蛇腹構造。よく似たメスアカケバエの雄は、胸部背板の光沢が強く黒色の毛が密生しています。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.