自然教育園 生き物

ヒメジュウジナガカメムシ(姫十字長亀虫)

朱色と黒色のコントラストが鮮やかな小さなカメムシが重なり合うように集合しています。

ヒメジュウジナガカメムシ

カメムシ目 カメムシ亜目 マダラナガカメムシ科 マダラカメムシ亜目
分布 本州、四国、九州、沖縄の草原
出現 4~10月

ヒメジュウジナガカメムシ

自然教育園の水生植物園のくいに集まったヒメジュウジナガカメムシです。カメムシは臭いものですが無臭です。

幼虫

ヒメジュウジナガカメムシ

幼虫と成虫が一緒にいます。卵→幼虫→成虫の不完全変態です。成虫で集団で越冬します。食卓はガガイモやカモメヅル、ナスなど。傍にはコバノカモメヅル.がありました。

成虫

ヒメジュウジナガカメムシ

体長7~10mm。頭部は黒色、触角は体長の半分ほどの長さ、先端は槍状。体色は朱色に黒色の斑紋、表面には微細な毛があり光沢はありません。

交尾

ヒメジュウジナガカメムシ

撮影日 8月14日

交尾中。体色はオレンジ色、腹部に8列の黒色の斑紋があり下部は帯状につながっています。体が厚く大きい方が雌です。

ジュウジナガカメムシはよく似ていますがやや大型で腹部の黒色の斑紋が点状です。

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.