自然教育園 野草 雑草 植物の構造

キク科~シュウブンソウ(秋分草)

少し薄暗いところに、背丈が低いのに長~い枝を四方に出し、小さくて目立たない花をまばらに俯いて付けます。

シュウブンソウ

キク科シオン属の多年草、以前はシュウブンソウ属(1属1種)
分布 本州、四国、九州、沖縄、中国、台湾、東南アジアの山地の木陰
在来種
草丈 50~100cm
花期 9~10月

シュウブンソウの葉

地下茎は匍匐し、茎は直立し、成長が止まると分岐し2~4本の長い側枝を開出し、80cm程になることもあります。葉は互生、短い葉柄があります。幅1.7~3cm、長さ7~15cmの長楕円形から披針形で基部は細く狭まり先端は尖ります。縁の上部にはわずかに鋸歯があり、葉の両面には剛毛が生え、ざらつきます。茎葉は枝が開出したころには枯れます。

シュウブンソウの葉

シュウブンソウの花

側枝の葉腋に小さな頭花を穂状または小さな円錐花序または単生し下向きに咲きます。総苞は5mmほどの広鍾形、総苞片は2~3列あり、鈍頭、縁は膜質です。頭花は中心部に両性の筒状花、周囲を2~3列の雌性の舌状花が囲みます。筒状花は淡緑黄色で先端は5裂し、舌状花は白色、短く厚みがあり、曲がります。花柱の基部は緑色で、柱頭は白色で2裂します。花粉は黄色。

シュウブンソウの花

果実

シュウブンソウの果実

雌性、両性花は共に痩果を付けます。雌性花の方は長さ4mmほどで扁平な狭卵形で先端が嘴状に細くなっています。両性花の痩果には嘴はありません。

シュウブンソウの果実

細い冠毛が付いています。

 

-自然教育園, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.