植物 野草 雑草 植物の構造

カヤツリグサ科~ヒメクグ(姫莎草)

小さなくす玉のような可愛い草をみつけました。

ヒメクグの特徴

ヒメクグ、葉をもむといい香りがします

日本全土、朝鮮、中国、ロシアに分布するカヤツリグサ科ヒメクグ属の在来の多年草です。道端や畑地の日当たりの良い湿ったところに生えます。

茎と苞葉

ヒメクグの3枚の苞葉と球形の花序

草丈10~30cm。褐色の地下茎が浅い地中を這い、節から花茎を出します。短い茎の先に根出葉を出しますが、花茎が伸びるとなくなります。基部の鞘は茶褐色、花茎の断面は3角形で緑色、艶があります。花序のすぐ下には幅3mmの扁平で柔らかい3枚の苞葉が付きます。3枚の苞葉は長さの異なり中央が一番長くなっています。水平から下向きに付きますが、草丈が高い場所では1本が上向きになることもあります。葉裏と縁に毛が生えて少しがさがさしています。揉むといい香りがします。

2番目の鱗片に両性花が付き花柱は2裂します。

花茎の先端には5~12mmの球形の花序が1個付きます。3.5~4mmの小穂が集まっています。花期は7~10月。上2個が大きく下2個が小さい4個の鱗片が付き2番目の鱗片に両性花が付きます。花柱は2裂しています。

ヒメクグの卵形で淡緑色の細い脈がある鱗片

鱗片は卵形で淡緑色の細い脈があります。大きい鱗片には緑色の竜骨があり、平らで刺はありません。

果実

ヒメクグの球形に付いた果実

卵型で上から2番目の鱗片に1.7mmの痩果が付きます。

熟したヒメクグの果実

熟すと落下します。種子の数が多く地下茎でも増えて群生し芝生に紛れると大変らしいです。

-植物, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.