自然教育園 生き物

ヘリカメムシ科~キバラヘリカメムシ(黄腹縁亀虫)

上からの目は地味なカメムシですが、お腹は黄色で、脚に入った白色、触角や脚の付け根に入った赤色の挿し色がお洒落。

キバラヘリカメムシ

キバラヘリカメムシ

10月10日・マユミの果実・自然教育園

  • カメムシ目.ヘリカメムシ科
  • 分布 北海道、本州、四国、九州、沖縄
  • 大きさ14~17mm
  • 出現 4~11月
  • 不完全変態
  • 昼行性
  • 食草 ニシキギ科の葉や果実
  • 越冬 成虫

幼虫

マユミやニシキギ、ツルウメモドキなどの葉裏にこげ茶色の卵を数十個産み付けます。初齢幼虫はあまり動かずに固まっています。

キバラヘリカメムシの幼虫

若齢幼虫 7月29日、マユミの葉上、自然教育園

 

前翅が短く黄色い腹部がよく目立ちます。

キバラカメムシの脱皮

5齢幼虫への脱皮・10月10日・マユミ・自然教育園

 

マユミの葉裏で終齢幼虫へ脱皮していました。奇麗な黄色と白とピンクです。口吻→脚→触角の順番で抜いていくそうです

キバラヘリカメムシの終齢幼虫

終齢幼虫 10月10日・マユミの果実・自然教育園

 

黒い部分が大きくなり丸かった腹部に角が出来てきました。

成虫

キバラヘリカメムシの羽化

羽化・10月20日・マユミ・自然教育園

 

成虫に!マユミの枝に下向きにぶら下がっていました。上手に美しく形を崩すことなく脱皮します。もう翅も伸びてきてカメムシらしくなっています。ピカピカの黄色い体、ピンクの触覚、脚の白とピンク、透明な口吻、と鮮やか。

キバラヘリカメムシ

交尾中のキバラヘリカメムシ・7月21日・自然教育園

 

背面は暗褐色、腹部は黄色、腹部側面が黄白色と黒色の縞模様。

交尾中のキバラヘリカメムシ

マユミの果実に摑まって交尾中・8月21日・自然教育園

 

触角は黒色で4節、先端節のみ赤色。

キバラヘリカメムシの成虫と終齢幼虫

成虫と幼虫が一緒に 10月10日・マユミの果実・自然教育園

 

脚は黒色、腿節の中間部分は透明感のある白色から淡黄色、腿節基部は黒色や赤色。上の個体は鮮やかな赤色。

臭腺からは青リンゴや草の匂いがするそうですが・・

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.