クモ目 自然教育園 生き物

カニグモ科~クマダハナグモ

  • クモ目カニグモ科クマダハナグモ属
  • 分布 本州、四国、九州、南西諸島
  • 大きさ 3~4mm
  • 出現期 4~9月
  • 徘徊性のクモ
  • 名の由来 クモ学者の熊田憲一の名による
クマダハナグモ

8月9日・自然教育園

 

第1,第2脚は長く、樹木や草の葉や花に潜んで獲物を待っています。メスは頭胸部は淡褐色で、両側に褐色の帯、前縁に白い線が入ります。腹部は黄白色、淡桃色の地に褐色の斑紋が入ります。オスは色が濃い。

クマダハナグモ

9月28日・自然教育園

 

クマダハナグモ

10月11日・自然教育園

-クモ目, 自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.