自然教育園 生き物

クサギカメムシとクサギ

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。

クサギカメムシの特徴

カメムシ目カメムシ科、東アジア、本州、九州に分布しているカメムシです。13~18mmと大型のカメムシで嫌がられる昆虫です。

クサギカメムシ(13~18mmと大型、触角は褐色で関節部分が白色)

黄褐色の紋を持ち、体色は暗褐色から赤褐色で個体によって様々です。頭部は先端が広く丸く、触角は褐色で関節部分が白色です。

黄褐色の紋を持ち、暗褐色の体色のクサギカメムシ

生態

  • 10月、成虫が木材や樹皮の間、石の下、室内などで越冬します。
  • 4月、付近の樹木に飛来して交尾。
  • 5~6月産卵、1週間ほどで幼虫に。
  • 8月、成虫に。
  • 卵→幼虫→成虫の不完全変態です。

クサギカメムシ

4齢幼虫でしょうか。

クサギカメムシの5齢幼虫

5齢幼虫です。

被害

寒い地方などでは大量に室内に入ってきて隙間にもぐりこむことがあります。刺激を受けると悪臭を放ちます。カメムシの臭さはホンとにいや。

クサギ、クワ、マツ、スギ、イチイ、サクラ、キリなどで繁殖します。様々な植物に針を刺し汁を吸い、成虫は果樹や豆類にも飛来し、被害を与えます。サクランボ、ウメ、ナシ、モモ、ビワ、リンゴ、オウトウ、カキ、ブドウ、ミカン。奇形葉や、未熟果では落果やでこぼこの奇形果になり、成熟果では吸われたところがスポンジ状になり固くなったり腐りやすくなります。

モモに来たクサギカメムシ

我が家のモモには「チャバネアオカメムシ」クサギカメムシ」「カナブン」などがやってきました。果樹園の被害は人工林の増加との関係が言われています。こちらもご覧ください。

チャバネアオカメムシ
チャバネアオカメムシと人工林と果樹園

小さくて緑色が鮮やかで綺麗なチャバネアオカメムシ。果樹園を襲うカメムシの中でも一番の厄介者だとは知りませんでした。今年はチャバネアオカメムシやクサギカメムシが桃の実に止まっているのをよく目にしました。 ...

続きを見る

カナブン
カナブン(金蚊)

モモの実の汁を吸いにやってきたカナブン(金蚊)です。 近づいても気にせずにお食事中です。 このモモはもう食べられなくなりました。今年は沢山ダメにしてくれました。 ヤマモモにしがみついているカナブンです ...

続きを見る

クサギカメムシの由来、クサギ

クサギによくいるからクサギカメムシと呼びます。

クサギの花

クサギはシソ科の4~8mになる落葉小高木。葉は8~15cmと大型で広卵形、薄く柔らかく触れると臭いにおいを放ちます。名前はここから付きました。8月~9月に蕚から長く突き出して平らに5裂した白色の広線形の花をたくさんつけます。雌しべや雄しべ4本はさらに突き出して付きます。蕚は5裂し緑色から花後に星形に開き赤紫色に変わります。

クサギの果実

10月果実は熟して直径6mm程の球形の光沢のある紺色になります。表面には網目状の模様があります。
蕚は鉄媒染で灰色に、果実は鮮やかな空色に染まります。若葉は山菜として食べられます。

関連記事

シソ科~クサギ(臭木)

名前は今一つですが花は軽快で華やか、果実も鮮やかな対比で魅力的な植物です。 クサギの特徴 日本全国、朝鮮、中国に分布するシソ科クサギ属の落葉小高木です。以前はクマツヅラ科。 葉 樹高4~8m。樹皮は暗 ...

続きを見る

-自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.