自然教育園 ハエ目

ナガズヤセバエ科~モンキアシナガヤセバエ

モンキアシナガヤセバエ

  • ハエ目ナガズヤセバエ科
  • 分布 本州、四国
  • 大きさ 10mm
  • 出現期 5~8月
  • 成虫の食べ物 クヌギ、コナラ、アベマキなどの樹液
  • 完全変態
モンキアシナガヤセバエ

5月21日・コナラ・自然教育園

 

以前は沢山の昆虫たちがやって来ていたコナラ、最近は樹液が減ってすっかり寂しくなっていましたが、今日はカトウトゲアシモグリバエとモンキアシナガヤセバエが群がっているのを見かけました。
複眼は赤色、胸背は灰白色に3本の黒条が入り、翅は無紋、長い黒い脚には橙黄色の環紋が入ります。腹部は黄色で背面には黒い縞模様が入ります。

モンキアシナガヤセバエ

5月23日・自然教育園

 

ナガズヤセバエ科は日本ではモンキアシナガヤセバエと翅に紋があるホシアシナガヤセバエのみ。

-自然教育園, ハエ目

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.