植物 野草 雑草 植物の構造

ケシ科~ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)

4月から5月にかけて、空き地や道端で風に揺れる可愛い花です。見た目は涼やかで頼りなげです。が・・果実がまた面白い。

ナガミヒナゲシの特徴

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)花柱はなく子房の蓋の上に柱頭が放射状に並ぶ

ケシ科ケシ属の地中海沿岸原産の一年草、越年草です。1961年に東京世田谷区で確認されました。今では全国に広がっています。根や葉からは周りの植物の成長を阻害する物質を作り出されるそうです。(アレロパシー活性)

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)ロゼット葉

草丈15~60cm。秋に発芽してロゼット葉で冬を越します。茎は株に開出毛、上部には伏毛が見られます。両面とも毛が多く葉は羽状に深く裂けています。茎を切ると黄色い液体が出ます。

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)の蕾、最初は首を垂れ、やがて立ち上がって花が開く

高さ15~60cmの花柄の先に一つのオレンジ色の花を付けます。蕾は最初は首を垂れ、やがて立ち上がって花が開きます。長毛のある蕚が2枚、花が咲くころには落ちます。花の直径は3~6cmで、花弁は基本的に4枚。花柱はなく子房の蓋の上に柱頭が放射状に伸びます。子房は筒型で暗黒色の雄しべに囲まれています。

ナガミヒナゲシ、花弁は4枚。花柱はなく子房の蓋の上に柱頭が放射状に伸びる

黄色い花粉が赤い花弁に映えて綺麗です。絵になる花です。花頭の数が違うものがいくつもありました。

ナガミヒナゲシ、高さも低く花弁が細長く花頭の数も雄しべの数も少ない個体

高さも低く花弁が細長く花頭の数も雄しべの数も少ない個体もありました。

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)子房は筒型で暗黒色の雄しべに囲まれています。

果実

ナガミヒナゲシ1つの果実の中には小さな種子(0.6×0.7ミリ)が1000粒以上も、

果実は細長く和名「長実雛芥子」はこれに由来します。果実は蒴果、長さ2cm、直径は1cm足らず。1つの果実の中には小さな種子(0.6×0.7ミリ)が1000粒以上も入っています。大きなものでは100個の果実を付けます。種子の表面には凹凸があって未熟な種子でも芽を出します。

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)、果実は細長く和名「長実雛芥子」はこれに由来

長い茎が風に揺られて蓋の隙間から種が飛ばされます。抜く時には逆さまにしないよう注意が必要です。近所の空き地には一面にオレンジ色の花が揺れています。可愛いお花を楽しみたいなら花が終わったら摘み取るのが賢明なようです。

-植物, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.