植物 野草 雑草 植物の構造

キク科~オニノゲシ(鬼野芥子)

庭の片隅に毛むくじゃらのオニノゲシを見つけました。

オニノゲシの特徴

最初は毛だらけのカボチャのようなオニノゲシの花

キク科ノゲシ属の越年草。ヨーロッパ原産で、1892年に東京で確認された帰化植物です。春から夏にかけてが多く見られますが、温暖な地方では一年中見られます。環境の悪いと小ぶりになったりノゲシに似ます。庭に出たものは狭い所だったので50cmほどで葉の間隔が狭い個体でした。冬でも花を付けますが、下部の葉脇に花を付けます。ノゲシとオニノゲシの間種にアイノゲシがあります。

葉は15~25cmほどで艶があって濃い緑、鋸歯の先端の刺が鋭いオニノゲシ

茎は中空で陵があります。葉は15~25cmほどで艶があって濃い緑をしています。(ノゲシは明るい緑)鋸歯の先端のとげはかなり鋭くて触ると傷つきます。(ノゲシは形は似ていますが薄くて柔らかい)葉の基部は丸く張り出して茎を抱きます。(ノゲシは三角形に伸び丸まらずに茎を抱く)

最初は毛だらけの中に埋まっていたオニノゲシの蕾

あちこち棘だらけ、毛だらけです。色も鮮やか。蕾が沢山付いてきました。最初は毛だらけの中に埋まっていました。頭花は直径2cm、舌状花のみで筒状花はありません。総苞にも棘があります。虫媒花です。葉の存在感に比べて花は地味です。

オニのゲシの頭花は直径2cmの舌状花

果実

オニノゲシの痩果は褐色で扁平な楕円形で3mm足らず、白い冠毛は長さ8mm

痩果は褐色で扁平な楕円形で3mm足らず。両面に3本の縦縞がありますが比較的表面はなめらかです。白い冠毛は長さ8mmほど、

関連記事

キク科~ノゲシ(野芥子)

今、庭にはあちこちにノゲシ(野芥子)の花が咲いています。葉が躍動的です。 特徴 キク科ノゲシ属、原産はヨーロッパで、世界中に見られます。日本には中国から畑作の伝来とともに古くに帰化したようです。日当た ...

続きを見る

-植物, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.