ハチ目 自然教育園 生き物

ギングチバチ科~ニトベギングチ

ニトベギングチ

ニトベギングチ

6月24日・チダケサシ・自然教育園

 

2020年に撮った写真、ずっと名前がわからずそのままになっていましたが、ギングチバチかもとふと思い、やっと見つけました。

  • ハチ目ギングチバチ科ナミギングチバチ属
  • 分布 本州、九州で確認されている
  • 大きさ 18mm
  • 幼虫の食べ物 オニベニシタバ、ゴマシオキシタバ、エゾシロシタバ、やガ類の成虫
  • 成虫の食べ物 花粉?
  • 狩りバチ

ニトベギングチ

ナミギングチバチ属の中では大型種。黒色の体に黄褐色の横帯が入ります。脚は茶褐色。

ニトベギングチ

頭部は平坦で、黒色の複眼に3個の単眼。触覚の基部が黄色、先端が黒色です。

ニトベギングチ

山地や低山のトチ、ブナ、スギなどの立ち枯れ木や朽ち木に営巣し、大型の蛾の成虫を狩って、巣に運び、卵を産み付け幼虫の餌にするそうです。

ニトベギングチ

自然教育園では2018年に確認されています。希少種で、各地のレッドリストに載っています。

-ハチ目, 自然教育園, 生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.