自然教育園 植物 野草 雑草 ひっつき虫 植物の構造

キク科~ノブキ(野蕗)

葉はフキに似て、花は地味な白色の小さな花ですが、実は放射状に伸びたべたつく腺体がついた棍棒、なかなか個性的です。

ノブキの特徴

ノブキ

全国、朝鮮、中国、ヒマラヤのやや湿った林床などに分布する在来種でキク科ノブキ属の多年草です。

ノブキの葉

草丈60~80cm。地下茎が這い、茎は直立して上部で分岐します。葉は茎の基部に集まり互生に付き、葉柄は長く10~20cm、葉柄に狭い翼が付きます。幅10~22cm、長さ7~13cmの先端が尖った三角状心形で葉縁には歯牙が見えます。葉裏に白い毛が密生します。

ノブキの葉

フキの葉に似ていますが、フキは根生葉でフキ属です。

ノブキの花

花期は8~10月。円錐花序を付け白い頭花を付けます。中央が沢山の不稔の両性花、周囲に7~10個ほどの雌花が付きます。

ノブキの花

花柄には紫色の腺毛があります。両性花は筒状で先端が5裂し雄しべと花柱が合着しています。雌花は先端が4~5裂し花柱の周りに小さな退化雄しべがあり、緑色の子房の上部に腺毛があります。

果実

ノブキの果実

集合果は1.5~2cm、両性花が落ち放射状に蒴果が並びます。棍棒状の果実には先端に腺体が多数あり粘るひっつき虫です。熟すと黒くなり間隔が広がります。果実には1個の種子が入っています。

-自然教育園, 植物, 野草 雑草, ひっつき虫, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.