植物 植物の構造 自然教育園 野草 雑草

イラクサ科~ヤブマオ(藪真苧)とメヤブマオ(雌藪真苧)

ヤブマオの特徴

日本全国の山野に自生する在来種でイラクサ科カラムシ属の多年草です。

ヤブマオ

草丈100~150cm。茎は叢生し、直立して分岐しません。葉は対生、幅8~13cm長さ10~15cmの卵円形から楕円形で厚みがあり、ざらつきます。長い柄があり基部は円形~楔形、先端は尾状に尖ります。鋸歯があり上部の鋸歯が荒く鋭く重鋸歯も見られます。葉には毛があり特に裏面の脈上に多く見られます。交雑が進みやすく葉は変異が多くみられるようです。

ヤブマオの雌花序

花期8~10月。雌雄同株で単為生殖、受精しないで種子を作ります。葉腋から円錐花序もしくは穂状花序を出し上部には雌花序、下部には雄花序を付けます。雄花序はつけないものも多く見つけられませんでした。雌花は緑白色で2枚の花被片が合着し筒状に、花柱は1本、線形の白色の柱頭が長く突き出し、球状に集まります。

果実

ヤブマオの果実

毛のある花被筒に包まれて翼のある長卵形、花柱が残ります。沢山集まって5~7mmの球形になりびっしり付きます。

メヤブマオの特徴

メヤブマオ

アカソとヤブマオの交雑種と言われます。日本全国に分布する在来種の多年草です。

メヤブマオの葉

草丈100~150cm。茎は直立し短毛があります。葉は薄く、対生、10~20cmの円形、先端は3裂し中央裂片が尾状に尖り、基部は切形、荒い鋸歯があります。

メヤブマオ

葉裏の様子・・両面に短毛があります。

メヤブマオの花序

花期は8~10月。雌雄同株で下部に雄花序、上部に雌花序を付けます。ヤブマオより花軸が細く花もまばらです。2枚の花被片が合着し筒状に、花柱は1本、線形の白色の柱頭が長く突き出し、球状に集まります。

果実

メヤブマオの果実

毛のある花被筒に包まれて5mmの球形に集まります。

メヤブマオの果実

先端に花柱を残した1.5~2mmの倒卵形の痩果が見えます。

関連記事

よく似たカラムシです。

イラクサ科~カラムシ(苧麻)とフクラスズメの幼虫

花に見えない小さくて地味な花に、艶のない葉、あちこち毛だらけ、名前も不思議、でも繊維植物として古くから栽培されていて沢山の名前を持っているそうです。 カラムシの特徴 沖縄を除く日本全土、東アジアに分布 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-植物, 植物の構造, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.