自然教育園 野草 雑草 植物の構造

キク科~ノコンギク(野紺菊)

最も普通な菊とわざわざ言われるノコンギク、あまり主張しない可憐な花です。

ノコンギク

ノコンギク

キク科シオン属の多年草
分布 本州から九州、東南アジアの山野
在来種
草丈 50~100cm
花期 8~11月

ノコンギク

地下茎を横に伸ばしてあちこちに枝を出して増えます。根生葉は葉柄があり楕円形で花時には枯れます。茎には上向きの毛があり、茎葉には葉柄は無く、幅3~5cm、長さ6~12cmの長楕円形で3脈が目立ちます。縁には疎らに鋸歯があります。葉の両面には短毛が密生しざらつきます。上部の葉は小さくなり形も変化、鋸歯も小さくなり全縁の葉もあります。

ノコンギク

ノコンギクの花

頭花は2.5~3cmほど、淡青紫色から白色の舌状花と黄色い筒状花が散房状に付きます。蕾の時は淡青紫色。総苞は半球形、総苞片は3列、緑色で先端が紫色を帯び白い短毛があります。舌状花は1列で疎らに付きます。筒状花は先端が5裂し、雄しべは5本が合着し筒状になっています。黄色い花柱は長く伸び2分岐し扁平で先端が内側に曲がり3角形に見えます。冠毛が長く花の間から覗いています。

ノコンギクの花

果実

ノコンギクの果実

果実は痩果、長さ2~3mmの扁平な楕円形で白い短毛があります。白い冠毛は4~6mm。

関連記事

区別するのが大変なくらいよく似た花

キク科~ユウガギク(柚香菊)

群生したユウガギクはのびのびと枝を伸ばして自由奔放、でもどこか優雅。沢山の昆虫たちの姿が見えました。 ユウガギク キク科シオン属の多年草 分布 近畿以北の本州の草地、道端 在来種 草丈 30~150c ...

続きを見る

キク科~シロヨメナ(白嫁菜)

茎は細く頼りなげで重そうに小さな可愛らしい白い花が沢山つけます。 シロヨメナ キク科シオン属の多年草 本州から九州、朝鮮、中国、台湾の林縁や林内 在来種 草丈 30~100cm 花期8~11月 葉 茎 ...

続きを見る

-自然教育園, 野草 雑草, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.